The future of mobile connectivity
 
 
今日では膨大な量の音声、データ、ビデオ、およびモバイルトラフィックが、従来では考えられなかったような数多くのデバイスで受信されています。
 
 

ケーブルテレビオペレータ:顧客の観点から見たサービス品質の管理

ケーブルおよびマルチサービスのオペレータは、基本的なビデオの放送だけを提供する段階を、はるか以前に過ぎ、現在では技術知識の豊富な今日の消費者から要求される、複数のネットワークサービスをサポートしています。

今日のCATVプロバイダとMSOは、膨大な量の音声、データ、ビデオ、およびモバイルトラフィックをサポートする必要があり、それを受信するデバイスも従来にはなかったほど広範な種類のものになっています。ビデオ 依然として、サポートが最も難しいサービスです。これは、わずかな遅延、がたつき、停止でもただちに顧客の目に留まるためです。

顧客がテレビやコンピュータのように静的なデバイスから、ラップトップ、タブレット、スマートフォンなどによるモバイル接続性に移行するにつれて、顧客が期待するQoS(quality of service; サービス品質)と、さらに重要なQoE(quality of experience; 体感品質)を提供する課題も、飛躍的に難しくなってきています。プロバイダは、ビデオトラフィックを監視してQoSとQoEを保証するだけでなく、音声、データ、モバイルネットワークをサポートするシステムに、これらの監視ソリューションを統合することが必要になっています。

数百万人の個人契約者に対し、エンドツーエンドのQoEを同時に監視、評価する

真のマルチプレイをサポートする高度な製品に対して、EXFOの単純で投資対効果の高いソリューションは、ネットワークサービスの最初のロールアウトから使用開始、トラブルシューティング、監視まで、ライフサイクル全体にわたって完全なテスト、監視、アシュアランスを提供します。どのようなサービスでも、これらのサポートの恩恵を受けられます。さらに優れた点として、EXFOの強力でカスタマイズ可能なウェブベースのレポート機能により、SLAを満たしていることを簡単に証明できます。. ネットワークでサポートしているのが音声、ビデオ、データ、モバイルサービスのどれであっても、EXFOによってOPEXの低減とCAPEXの削減を達成し、自社のサービスが競合他社のものよりも優れていることを証明できます。

サービスに影響する
問題点を
短時間で
検出して解決

エンドツーエンドのインテリジェンス

  • サテライトのヘッドエンドから契約者のデバイスに至るまで、QoSとQoEの監視、テスト、測定、トラブルシューティング
  • 契約者のセットトップボックスに対するサービス監視を拡張し、大きなコストを必要とする技術者の出動を防止し、真にエンドツーエンドのソリューションを作り上げる
  • すべてのサービス(音声、ビデオ、データ、モバイル)に固有のKPI(Key Performance Indicators; 主要パフォーマンス指標)の定義、評価、監視

プロアクティブ(事前対策)

  • IPライブビデオのプログラミングをリアルタイムで監視し、サービスに影響する問題点に即座に対応できることを保証
  • ネットワークの問題を分離し、MTTRを短縮

統合

  • オープンかつ拡張可能なプラットフォームが、既存のとの統合を簡単にし、新サービス、契約者、テクノロジの統合を促進
  • サービスの品質、パフォーマンス、可用性を、シンプルなウェブベースのインタフェースで24時間・365日監視