Telecom researcher performing tests in a lab environment
 
 
R&D研究室と大学は、プロトタイプから実世界でのパフォーマンスまでの手順を高速化する必要があります。
 
 

テレコム技術とR&D:実用化の加速

ネットワーク機器メーカとキャリアが、高度な教育機関や研究開発施設と協業する場合、製品開発はは、競争力を上げるために非常にタイトで厳しいスケジュールで行われます。

そのため、効率的で最先端、かつ包括的なテストソリューションを活用し、実際の使用環境におけるパフォーマンスを検証しつつ、プロトタイプから実用化までの手順を加速することが要求されます。

テレコムおよび光通信の研究センタや大学も、ラインカードやシステム設計のテストから、新しい変調スキーマの調査に至るまで、同様の課題に直面しています。

設計からデプロイメントまで拡張可能なソリューション

高度な光およびサブシステムのテストから、無線/IPマルチメディアシステム、次世代キャリア・イーサネット100 Gbit/sの検証と解析にいたるまで、R&Dキャリア実験室や高等教育機関向けのEXFOソリューションポートフォリオは、製品の限界やロバスト性(堅牢性)を評価する単なる準拠テストにとどまりません。

EXFOの高速化ポートフォリオは、厳密なテスト機能を提供し、開発から統合まですべての段階での認証に対応しています。そしてそれは、業界のエキスパートによって、実験室から現場への移行を高速化しR&D投資を最大限に活用することに貢献しています。

強力なモジュールと
アナライザによる
信頼性の高いテスト結果

  • 開発およびデプロイメント前のフェーズ全体において、パフォーマンス評価を迅速化する
  • 光伝送システムおよびパッシブ光ファイバのケーブルとコンポーネントのボリュームテストを最大化する
  • 拡張可能なプラットフォームをベースとするソリューションにより、新しいテクノロジを簡単に統合できる
  • 信号伝達およびデータプレーンの自動テスト
  • 将来を見据えた設計により、どのような変調形式や転送速度でも特徴を検出でき、歪みのない信号回復が可能