アクティブ
販売終了
最新
 
 
アニメーション付き光用語集
用語検索
 

iOLMインテリジェント光 リンクマッパ


iOLMインテリジェント光 リンクマッパ

主要な機能

 

  • 自己設定Link-Awareテクノロジ
  • 光リンクビュー
  • 即時診断
  • 整理統合された双方向リンクビュー(特許出願中)
  • OTDRトレースファイル生成(.sor)

 

主要ネットワークアプリケーション

  • ポイントツーポイントアクセス
  • FTTxラストマイル
  • LAN/WAN、企業、データセンタ
  • FTTx/PON MDU
  • フロントホール(FTTA、DAS、スモールセル)およびバックホール
  • メトロ、コアおよびロングホール
  • CWDM
  • ケーブルテスト(IL/ORL測定)

プラットフォームの互換性

OTDRテストの枠を越える

iOLM - 概要と動作

OTDRから複雑性を排除

特許取得済みの独自のマルチパルスおよびマルチ波長の自動取得手法によって、従来のOTDRを超えるiOLMの実力は現場で実証されており、さらにリニアビューにより、あらゆるファイバネットワークも、エキスパートレベルのリンクのキャラクタライゼーションを可能にします。この動的なOTDRベースのアプリケーションは、EXFOの最も進歩したアルゴリズムを使用して、リンクのすべてのエレメントについて詳細な情報と最大の解像度を提供します。iOLMは、その比類のないインテリジェンスと簡便性により、複雑なOTDRテストを、ボタン1つの操作で得られる明確で正確な合否結果に変えることができます。› ハードウェアの最適化とインテリジェントなソフトウェアにより、最大のパフォーマンスを実現› ボタン1つで、完全に自動的に、複数の波長について複数の取得を実行› エキスパートレベルのキャラクタライゼーション結果を、単一の包括的なレポートとして提供› ファイバの完全なキャラクタライゼーションを、最速かつ簡単な方法で実行› トレーニング不要:デバイスは自動的に設定され、明確な合否結果を報告› Link-Aware™テクノロジにより最も的確な解析が行われるため、技術者派遣を最小限に抑えることが可能› トレースの誤解釈を防止:迅速な診断と光リンクの明確なビューiOLMの3つの利点P o w e r e d b yT E C H N O L O G YUS特許:6,612,750複数のOTDR取得の起動トレース解析結果の合成リンクの回路図を表示して迅速に診断OTDRコンボ(Oiコード)iOLMとOTDRアプリケーションを1つのユニットで実行アップグレードiOLMソフトウェアオプションを現場でも追加可能iOLMのみiOLMアプリケーションのみのユニットで注文可能

簡単3ステップで、完全に適合ステップ1:ネットワークアプリケーションの選択実際のOTDRの性能は、製品仕様をはるかに超えるものです。アプリケーション固有のパラメータに基づいて、御社のネットワークサービスを最適化します。ステップ2:フォームファクタの選択› MaxTester 700Bシリーズ:厳しい予算制約のもとでシングルモードのタスクを実行するために設計された、コンパクトで専用の、タブレット発想によるハンドヘルドOTDR› FTB-1:マルチテスト対応および高度な現場でのトラブルシューティング向けのコンパクトンなモジュール式プラットフォーム› FTB-200:日常のルーチンタスク用に柔軟性を持たせた、モジュール式のハンドヘルドプラットフォーム› FTB-500:高度なマルチアプリケーションテストのためのフルサイズのモジュール式プラットフォーム組み合わせれば最適ソリューションに

独自の機能

シングルエンドのファイバ展開における革新

Link-Aware™テクノロジテストの実行を最適化する | ワンクリックで自動的にリンクを認識し、最適なパラメータを設定して、複数捕捉と複数分析(複数の波長で)を開始します。各リンクセクションとすべてのネットワークエレメントについて、得られた結果を整理します。各リンクエレメントに関する正確な情報がすぐに得られ、単一のレポートにエクスポートできます。自己設定エキスパートレベルにする | Link-Awareテクノロジの力にょって、iOLMはすべてのテストパラメータの設定を自己管理します。つまり、iOLMは学習曲線を劇的に短くし、すぐに利用可能なインテリジェンスなのです。トレーニング時間を最小化し、テストにおける誤った設定を排除、銅線から光ファイバへの技術者の移行を促進します。+光リンクビューデータをわかりやすく処理 | 単純化されたリンクマッパにより、テストしたファイバのわかりやすいビューを提供、アイコンと合否判定により結果を明確に判定できるため、複雑なOTDRトレースを見る必要がありません。現実的な結果(イベントキャラクタライゼーションと光ファイバステータス付きの、リンクのエンドツーエンドビジュアル評価)を取得できます。i即時診断正しく導く | iOLMには、無数のアルゴリズムと潜在的なネットワーク障害のデータベースがロードされており、ネットワーク問題解決の手順が示されます。トレースの誤った解釈に振り回されることはもうありません。熟練した技術者だけでなくすべての技術者が、ネットワークの問題を現場で効率的に解決できるようになります。.sor OTDRトレースファイルの生成既存のテストファイル要件に適合 | iOLMはユニバーサルおよび拡張Bellcoreフォーマット(.sor)のOTDRトレースを生成するため、既存のレポート作成要件および後処理要件に準拠可能です。このOTDRトレースは、iOLMが収集した追加情報すべてを統合し、より包括的な結果を作成します。

整理された双方向リンクビュー(特許出願中)結果の結合 | 正しいスプライスキャラクタライゼーションを確実にするために、双方向テストが推奨されます。iOLM双方向リンクビューは、複数の方向の複数の波長による結果を結合するため、このタスクがより簡単になり、単一で読みやすいiOLMスタイルの形式で結果が表示されます。さらに、FastReporter2データ後処理ソフトウェアによって、バッチレポートを簡単に生成できます。

EXFO Connectは、テスト機器とテストデータコンテンツをクラウドに自動的に格納することで、ビルドアウトからメンテナンスまでのテスト操作を簡素化できます。

追加機能リアルタイムOTDRモードiOLMは、iOLMソフトウェアアプリケーションによって、リアルタイムOTDRモード(RTオプション)機能をサポートします。OTDRアプリケーション(Oiオプション)またはRTモード(RTオプション)のいずれかを実行して、フィールドスプライシングを測定するか、またはiOLM捕捉を起動する前にリンクをチェックします。2xNスプリッタキャラクタライゼーションiOLMは、マルチインプットまたは冗長ネットワークに対して、2xNスプリッタ特性分析を行い、明確な合否判定を示す、市場で唯一のソリューションです。2xNスプリッタと両方の入力分岐を特定し、ユーザは(従来の方式を使用した場合は3つのテストであるのとは対照的に)1つのテストでネットワークを正確にドキュメント化できます。iOLMエキスパートモード(iEX)iEXは、レポートの作成のために、トレースファイルの文書化における柔軟性を必要とする光ファイバテスト技術者または管理者のために特別に設計されたソフトウェアオプションです。柔軟性は、ネットワーク計画により適合するように独自のエレメントを作成できることも意図するため、このオプションでは別のイベントの追加、イベントの削除、トレースの再分析ができます。推奨シングルモードポートのAPC(Angled-Polished Connector)他のOTDRと同様に、iOLMはユニットのポートにおける強い反射の影響を受けます。低反射を保証し、測定の正確さを維持するには、iOLMシングルモードポートをAPCコネクタとともに使用する必要があります。APCコネクタを使用するもう一つの利点は、装置の機能を維持する一方で、反射が強くなることなく、厳しい状況に対応する能力です。UPCコネクタの場合、汚れ、摩耗、損傷がある場合に反射が強くなる傾向があります。これは測定に影響を与え、早期のコネクタ交換につながります。UPCネットワークのテストにUPC機器は必要ありませんが、 APC/UPCテストジャンパ(iOLMに付属)またはランチ光ファイバ(SPSB)を使用することで互換性が保証されます。テスト方法EXFOは、iOLMのコネクタの損失を遮断するため、またはUPC ネットワークテストを実行するために、150メートルのランチケーブル(SPSB)を使用することを推奨します。また、それによって結合数が減って機器のコネクタの寿命が延び、最終的に所有コストが改善されます。

ENCIRCLED FLUXによる高速マルチモードネットワークのトラブルシューティング(暫定)エンタープライズ級ビジネスや大容量のデータセンタを拡張するとき、マルチモードファイバを使用して構築される、新しい高速データネットワークの実行における許容範囲は、従来よりもさらに厳しくなります。 障害が発生した場合、障害を迅速に見つけて修正するために、インテリジェントで正確なテストツールが必要です。マルチモードファイバは、テスト結果が各デバイスの出力状況に大きく左右されるため、テストが最も複雑なリンクです。構築ユニットとは別のユニットでのトラブルシューティングは、技術者の誤解釈や、障害を発見できなくなる結果を招き、ネットワークの停止時間が長くなる恐れがあります。EXFOは、マルチモードファイバ用にEF(Encircled Flux)準拠の外部起動モードコンディショナーを使用することをお勧めします。Encircled Flux標準(TIA-526-14-BおよびIEC 61280-4-1版2.0によりTIA-568で推奨される)は、ソースの起動条件を制御し、最も正確で一貫したティア2のトラブルシューティングを実行するための方法です。SPSB-EF-C30など、外部のEF準拠デバイス* を使用することで、障害のあるネットワークを迅速かつ簡単に修正できることを保証できます。* Encircled Flux準拠の詳細情報については、Encircled Fluxテストソリューションのスペックシートを参照してください。