Deployment Strategies for 40G/100G: Trade-Offs and Impacts
Read the article
 
 
CWDM/DWDM用ポスター
ポスタを表示
 

高密度波長分割多重化(DWDM)


 

追加マテリアルについて:

DWDM(Dense Wavelength-Division Multiplexing; 高密度波長分割多重化)は、いくつかの波長(色)を光ファイバ上で多重化し、光ファイバの帯域幅を増やします。DWDMはCWDMよりもコストがかかりますが、最大容量を得られることから、WDMテクノロジにおいて現在もっともポピュラーな方式となっています。50 GHz(0.4 nm)、100 GHz(0.8 nm)または200 GHz(1.6 nm)というチャネル間隔で、ひとつの光ファイバに数百の波長を通すことが可能です。典型的なDWDMシステムで使用されるのは、40チャネルまたは80チャネルですが、160チャネルも可能です。

ITU-T勧告G.694.1の周波数グリッドは、DWDM用途における波長を定義しています。その波長は、DWDMにとって非常に都合のいいスペクトル範囲であるC帯域 (1525~1565 nm)およびL帯域(1565~1620 nm)内に存在します。なぜならEDFA(、Erbium-Doped Fiber Amplifier; エルビウム添加のファイバ増幅器)が使用できるからです。

ロングホールネットワーク、メトロネットワーク、そして最新のセルラバックホールネットワーク

DWDMは、EDFA増幅を可能にすることから、ロングホール伝送に最適のテクノロジです。そのため、ロングホールネットワークでは数十年前から採用されていました。データを大量に使用するアプリケーション(スマートフォンやビデオストリーミング)による帯域幅の需要が増大し、DWDMは今や、メトロネットワークにその活躍の場を移し、また、セルラバックホールネットワークに使用され始めています。

DWDMネットワークテスト

DWDMネットワークのテストでは、損失コネクタの清浄性分散スペクトル品質が必須です。EXFOは、最適なツールによって、検査プローブ・OTDR・パワーメータ・分散テスタ・光スペクトルアナライザなど、DWDMのスムーズで確実な運用を実現します。

関連リソース

 
ソート条件:
123
 

This white paper demonstrates that traditional OSAs, with precise specifications for each application, are perfectly adapted to carry out the typical OSA measurements in the field, and that high-resolution OSAs are not required for field use.

最新アップデート: 2015-10-30

高速製品ポートフォリオ

ブロッシャおよびカタログ

高速製品ポートフォリオ

OTN、イーサネット、SONET/SDHテクノロジをカバーする包括的なテストソリューションを提供する、将来が保証された40G/100G製品ポートフォリオEXFOの製品ポートフォリオは、ネットワーク構築やファイバのキャラクタライゼーションから、コミッショニング、ターンアップ、トラブルシューティングに至るまで、お客様が市場投入期間の短縮とコスト削減を達成し、 高速 サービスを現場とラボの両方で実現するために必要なツールを提供します。

最新アップデート: 2015-03-04

This paper explores the trade-offs of greenfield and brownfield nextgenerationarchitectures, the impairments these approaches giverise to, as well as ways to reduce the operational costs that theseimpairments generate for service providers, based on data from theITU-T G. 697 standard®. The topic of proper spectral planning andmanaging capacity will underlay this entire paper.

最新アップデート: 2014-11-05

When deploying 40G/100G technologies, service providers must choose whether the new wavelengths will be deployed over an existing network and traffic (brownfield deployments) or over unused, new fibers (greenfield deployments). This choice usually depends on the context, type of network (metro, long-haul, etc.), capacity requirements and so forth. But more importantly, each approach has its pros and cons, and specific set of challenges. 

最新アップデート: 2014-10-07

123